不動産屋開業独立のために会社設立、宅建業許可申請、保証協会加入代行致します。

不動産屋開業支援ドットコム
050-3736-3795
お問い合わせはこちら

HOME > 更新 > 5年ごとの免許更新、慌てる前にやるべきこと

5年ごとの免許更新、慌てる前にやるべきこと

2016年4月15日

宅地建物取引業免許を取得して5年を迎えようとしているあなたに

そろそろ都道府県の不動産業課からハガキが届くはずです。

 

そこには、

「許可取得日から5年を迎えようとしています。

免許の有効期間満了日の90日前から30日前までに免許更新の申請をしてください。」

と書かれています。

 

このハガキが届いたら、急いで更新の準備を始めましょう。

気が付くとあっという間に30日前になってしまいます!

1.前回の申請を確認しよう。

1-1 初回の免許申請書あるいは前回の更新申請書を見てみましょう。

もし、前回の申請から変更が発生している場合、(役員の変更・住所の変更など)

まずは、その変更を届け出ないと更新を受け付けてもらえません。

5年前の記録と、現状を比較・確認しましょう。

 

2. 必要なものの用意

2-1 用意すべき書類一覧

・身分証明書(役員・専任取引主任者など・国が発行)

・登記されていないことの証明書(役員・専任取引主任者など)

・代表者の住民票(個人申請の場合のみ)

・登記簿謄本(法人申請の場合のみ)

・納税証明書(様式その1・税務署が発行)

2-2 作成すべき書類一覧

・免許申請書

・相談役及び顧問、5%以上の株主・出資者等の名簿

・略歴書(役員・専任取引主任者など)

・専任の取引主任者設置証明書

・宅地建物取引業に従事する者の名簿

・専任の取引主任者の顔写真添付用紙

・宅地建物取引業経歴書

・資産に関する調書(個人申請のみ)

・決算書の写し(法人申請のみ)

・誓約書

・事務所棟を使用する権原に関する書面

・事務所付近の地図

・事務所の写真

3.書類の提出

3-1 管轄の都道府県の不動産業課へ提出しよう

必要な書類をそろえたら、不動産業課へ提出しに行きます。

この提出が30日前までに行う必要があります。

無事、受理されたら事務所宛にはがきがとどきます。

それをもって、新しい免許を書類提出した窓口に

受取に行けば更新手続きは終了です。

 

→更新手続きを依頼したい方はこちらのフォームからお申し込みください

お電話の場合は050-3736-3795までお電話ください。

費用・報酬をすべてご返金致します!
お問い合わせはこちら